お金を考える時の性格の問題

お金を考える時には、自分の性格をよく理解しておく必要があります。

お金を考える時の性格の問題

お金を考える時の性格の問題

お金を考える時には、自分の性格をよく理解しておく必要があります。お金にルーズな性格とか、お金に厳しい性格とか、無頓着な性格や執着する性格とか、無欲とかさまざまあります。また思想的にお金は汚いという伝統的な考え方もあり、確かに汚れていれば汚いですが、お金自体は物質なだけですので、汚いもきれいもなく、それを所有する人の欲が汚いとかきれいとかになるだけということになります。どうも日本人は短絡的に儒教精神で、そのような考え方をしてしまうということもありました。しかしお金とお金に関する欲望とを別に考える必要があります。

そのようにお金の問題は、所有する持ち主の問題であり、周りの人の問題ということになります。その点は自分でも自覚する必要があるということになります。その上で、お金をコントロールするといおう計画性を培っていかなければならないということになります。そうすると、だんだんお金をどのように自分が利用すると有利になるかということがわかるということになります。その時に他人が成功した儲け方などを真似をすると自分だけは損をするというようなことも起こるので、慎重にする必要があります。慎重にすると失敗も少なくなるからです。

お役立ち情報



Copyright(c) 2018 お金を考える時の性格の問題 All Rights Reserved.